EMARF用語集

このページでは、EMARFでよく使われる用語について解説します。(随時更新) ※EMARFサービス上での意味となり、一般的な定義とは異なる場合があります。ご了承ください。

‣加工機

EMARFでは主に3軸のCNCルーターのこと。 または5軸マシニングセンタを指すこともある。

‣CNCルーター

コンピュータ数値制御(CNC="computerized numerical control")によるルーターのこと。 木工用、金属用含め様々なCNCルーターが存在する。 EMARF上で指すCNCルーターは主に ShopBot のこと。

‣CAM

"computer aided manufacturing"の略。 加工データを生成するためのソフトウェアのことを指すことが多い。 専用のソフトウェアは多数存在するが、EMARFではCAMをクラウド上で実現しているのが特徴。

‣加工データ

EMARFでは、CNCルーターを動かすためのCAMデータのことを指す。 工具の情報や加工の工具経路がプログラムされたもの。加工機種ごとにフォーマットが異なる。 ”ツールパス”と呼ぶこともある。

‣フィレット

EMARFでは、CNCルーターでの加工時につく入隅のアールを落とすために角をオーバーして加工をすること。フィレットを適用することを「フィレットを付ける」と表現する。

‣オフセット

接合部の遊びのこと。EMARFでは設計時に設計者が指定する。 材厚の個体差や加工精度によるブレをカバーするために設計時に検討する必要があり、設計の腕の見せ所でもある。

‣平面展開

3DCADで設計した設計物を、CAMに読み込ませるために2D上に展開すること。 一般的なCAD/CAMでは手動で操作が必要だが、EMARFのRhinoceros版プラグインでは自動で行うことができる。

‣ネスティング

平面に展開された設計物を、加工する板サイズに合わせて並べること。 EMARFではCAM機能に組み込まれており、自動的に効率の良い配置に並べることができる。

‣タブ

CNCルーターでの加工時に残る切り残しのこと。「タブをつける」と表現する。 CNCルーターでの加工では、完全に切り離さずに一部切り残しを残す必要がある。(材料のブレ防止のため) EMARFではCAM機能に組み込まれており、自動的にタブを配置することができる。

‣エンドミル

CNCルーターで使用する刃物のこと。 直径や形状など様々な種類があり、用途によって使い分ける。 EMARFでは主にスクエアタイプで直径1/4インチまたは1/2インチのものを指す。