2. 揺れる形と揺れない形
今からご紹介するのは箱の形を例に材料同士を組み合わせたときに揺れないか、または倒れないかを防ぐために考えるべき項目です。あくまで一例でありEMARFのサービスに限らずこの他にも多くの組み合わせ方があるということを念頭に置いてご覧ください。
例えば横方向
このように、材料同士を辺だけで接合すると、抵抗する力が弱いです
そのため以下のように揺れに対抗する部材を1つ考えておきましょう
最終更新 4mo ago
リンクのコピー