4.2 品質について

EMARFでは、加工時の仕上がり品質について下記の通り基準を設定しています。

・本件部品に、設計データから±1mm程度の加工誤差が生じることがあります。

・本件部品に、湿気による木材の膨れ、反りが生じる可能性があります。

・本件部品に、乾燥による収縮、反りが起きることがあります。

・木材には個体差があり、データのレイアウトによって本件部品に下記の具体例のとおり、節、われ、ヒビが表面に出る可能性があります。

-もともと表面に節、ヒビやわれがある場合

-合板などの積層材で板の内側に節、われ、ヒビがあり、掘り込み加工をしたことで表面に出てくる場合

・本件部品に、配送中の扱い方によっては、表面に傷がつく可能性があります。