5. Web画面の見方
各ソフトやDXFアップロードでUploadしたところでブラウザが立ち上がります。ここから扱う材料、数量、厚み、仕上げについて説明します。なお、送信してからミスがないか、今一度データをチェックしてから始めましょう。
データ送信直前のチェックリスト
≪共通≫
プラグインからアップロードする際のファイルサイズが6MB以下となるようにしてください。
サイズの削減が難しい場合はDXF Uploadをお試しください。そちらでは20MBまでUploadすることができます。
≪Rhinocerosの場合≫
寸法を確認する
☑微妙なずれをscale1D(ctrl+shiftでもよし)で修正
☑細かい不必要な線が入ってる場合(ダブりなど)はないか
-selsmall selwrap(送る直前)を使い削除しましょう
刃物が通過できず細すぎるところはないか
☑プラグインは最新のものを使っているか
☑バージョン対応しているモノを使っているか
☑プラグインを使用している場合はファイルは外部からインポートしたファイルを使っていないか(Fusion360やIllustratorでは外部ファイルが使用できないことがあります)
ブロックインスタンスという機能を使っていないか (EMARFにて送信することができません)
≪輪郭加工の場合≫
切り抜きかポケット加工かは間違っていないか
閉じた線と閉じていない線(溝掘り加工がある)を使い分けているか
カーブの頂点数は調整してあるか(Illustratorなど)
≪かみ合わせがある場合≫
フィレットは適切な箇所についているか
オフセットは雄か雌のどちらかに設定されているか
オフセットは厚み方向に対してもかけられているか

材料について

-ブラウザ送信後の画面で色の確認をしましょう
(赤:ポケット オレンジ:島状のポケット(Illustratorのみ)
材質のタブから選択できます。ここにない材料の場合はその他を選んでください。

仕上げについて

EMARFでは仕上げのオプションとしてバリ取りと表面研磨の2つを用意しています。それぞれを選んだ場合ないし選ばなかった場合の状態について解説します。詳細はこちらをご覧ください

フィレット設定について

フィレットとは

フィレットの詳細についてはこちらをご覧ください

個別に設定する場合

①左メニューの「フィレットタイプ」より、設定したいフィレットの形状を選択します。
②右の部材上でグレーでハイライトされた角を左クリックします。
③指定した角にフィレットが適用されます。

まとめて設定する場合

①左メニューの「フィレットタイプ」より、設定したいフィレットの形状を選択します。
②マウスで左クリックを押しながらドラッグし、フィレットを設定したい範囲を選択します。
③選択された範囲のいずれかの角を左クリックします。
④選択された範囲の角にフィレットが適用されます。

フィレットを消去する場合

①左メニューの「フィレットタイプ」より、「なし」を選択します。
②フィレットを消したい角を選択します(範囲選択も可)。
③選択された角の内一つを選択します。
④フィレットがない状態に戻ります。

配置設定について

材料からどのように部材を切り出すかを決定します。画面右側の部材を直接ドラッグ&ドロップすることで、部材の配置を自由に変更することができます。

回転操作について

なお、ctrl+回転操作で45°ずつ、ctrl + shift+回転操作で5°ずつ回転できます。
また、部材の中心の円をクリックして数値入力(360 ~ -360)しても回転ができます。
部材はctrl+Cでコピー、ctrl+Vでペースト、ctrl+Dで部材を削除、ctrl+Zでやり直し、ctrl+Yでやり直しをやり直し、ctrl+Aですべて選択 できます。

必要な間隔について

材料同士の間隔は、刃物の直径×2+20mmとなるように配置を決定する必要があります(板厚24mm以下は刃物直径は6.35mm・板厚30mm以上は刃物直径12.7mmです)。
例:板厚が24mmの場合は刃物の直径が6.35mmとなるため、6.35×2+20=32.7mmが必要な間隔となります。
また、板の4辺には余白が必要なため、そこに被らないように部材を配置する必要があります。 手動で配置した際の間隔が十分でない場合や、板に収まっていない場合、部材が赤く表示されます。

その他の配置のコツ

  • 「自動で並べる」を選択すると、歩留まりが良くなるように自動で部材の配置が変更されます。
  • なるべく左下詰めで配置すると、刃物が動く距離が少なくなり加工を抑えられるためお勧めです。
  • 板の長手方向に、部材の長手方向が沿うように部材を配置するのがおすすめです(板の短手方向に添わせると割れやすいため。合板はあまり関係なし)。

加工プレビューについて

実際に加工される切削のプレビューが表示されます。Toolpathとして表示されている黒い線が加工する際の機械の移動の軌跡となります。このときにミスがないか確認することでやり直しを防ぐことにつながります。特にIllustratorでフィレット機能を扱われる方の場合は注意が必要です。
嵌合部がある場合はオフセットやフィレットをかける必要があります。詳しくは3.3 加工の特徴より、オフセット、フィレットを参照ください。ピッタリの寸法では絶対に嵌りません。
画面左の「詳細を表示」には材料費・加工費・仕上げ費・システム利用料・消費税が概算として表示されます。

加工を依頼する

左メニューから「加工依頼へ」を選択すると、加工依頼の専用フォームが立ち上がります。

依頼フォームの入力

お名前電話番号送り先住所、希望納期を記入します。素材や仕上げなどについてご要望がある場合は備考に記入します。送信を押して完了です。
加工依頼用のフォームに必要事項を記入し、下部の送信を押すと、弊社側に加工の依頼が送信されます(※加工依頼の送信だけでは発注は確定しませんのでご注意ください)。以降のメールのやりとりで、正式な見積もりを提出し承諾いただいた時点で契約となります。
その後、送信して頂いた加工依頼に対して、2営業日以内に弊社から正式な見積金額と納期のご連絡をメールにて差し上げます。特に送料と梱包費については、システム上の見積には含まれていないため、フォームに記載の配送先の情報を基に、全体費用に追加した形で最終的な見積金額として提示させて頂きます。
金額と納期について確認して頂き、発注を確定される際はその旨をメールにてご返信頂きます。
弊社で正式に加工の手配に入らせて頂きます。

エラーが発生する場合

加工条件の設定が完了しましたら、左下の「加工データを生成」を押します。作成ファイルにエラーがないかどうかなどチェックします。

CAMエラーが発生する場合

生成したファイルが成立するかどうか判定した結果、エラーとなってしまう場合があります。作成いただいたデータに原因が明確にある場合は、以下のようなメッセージとともに問題のある個所が赤く表示されますので、もう一度データに不備がないかご確認と修正をお願いいたします。それでも修復が難しい場合はお問い合わせ下さい。

大きすぎる部材がある場合

こちらのページで部材のサイズを再度ご確認ご確認ください。
外周・内周・ポケットで頂点数が2つ以下のパスがあります。もしくは溝掘りで頂点数が1つのパスがある場合

モデルが自己交差している場合

モデルのパスが本体と公差している場合に表示されます。上記の場合は大げさですが、四角形状であれば四隅などをご確認ください。

穴かポケットが小さすぎる場合

扱う予定の刃物、開けたい穴やポケットのサイズを再度ご確認ください。
なお、上記のメッセージ以外が表示された場合は、こちらで調査致しますのでお手数ですがお問い合わせ点のファイルやURLを添付の上、お送りください。
ご相談事項:CAMエラーが発生しました
添付ファイル:その時使用したプラグインに対応するモデリングソフトのメインのファイル(Rhinocerosの場合は3dm,Adobe Illustratorの場合は.ai等)か、DXFアップロードの場合は.DXFファイル
備考・ご相談事項:エラーが出現した時のURL

ご利用料金について

料金は主に材料費+加工費+仕上げ費+システム利用料+運送費で計算されます。主な料金について順に見ていきましょう。

材料費の計算

材料費はこれまで紹介しているそれぞれの材料の1枚当たりの金額に、必要な枚数を掛け合わせた合計として表示されます。
例:ヒノキ合板12mm(2,000円/枚) × 5枚 = 10,000円

1枚未満の場合

1枚の中で必要な面積が半分以下の場合は、半枚(0.5枚)として扱い、1枚当たりの半分の金額で計算されます。
例:ヒノキ合板12mm(2,000円/枚) × 5.5枚 = 11,000円

加工費の計算

計算式

加工費は加工時間に、単位時間当たりの単価を掛け合わせた金額で表示されます。
例:加工時間120分(2時間) × 8,000円/時間 = 16,000円

ボリュームディスカウント‌

単価は加工時間の長さに応じて割引されます。
加工時間
単価
480分(8時間)未満
8,000円/時間
480分(8時間)以上~2,400分(40時間)未満
7,200円/時間
2,400分(40時間)以上~4,800分(80時間)未満
6,400円/時間

仕上げ費の計算

前述した通り、オプションありを選択した場合に発生します。バリ取りか、バリ取り+表面研磨を行います。‌
金額については、基本的には本体の加工時間に比例して増加するようになっています。

①仕上費(バリ取り)の場合の計算式

バリ取りのみのオプションの場合の仕上費の計算式は、加工時間 × 50円/分となります。
例:加工時間120分 × 50円/分 = 6,000円

②仕上費(バリ取り+表面研磨)の場合の計算式

バリ取り+表面研磨の場合の仕上費の計算式は、加工時間 × 75円/分となります。
例:加工時間120分 * 75円/分 = 9,000円
パーツ数が極端に多い場合や、形状が複雑であったり、繊細であったりする場合は、自動見積の金額に加えて、追加で仕上の費用を頂く場合があります

システム利用料

システム利用料は、EMARFを通じて加工用のデータを生成するための対価であり、材料費・加工費・仕上費の合計金額の25%となります。
例:材料費6,000円、加工費8,000円、仕上費3,000円の場合、(6,000+8,000+3,000)×0.25 = 4,250円

運送費

送料は部材の大きさや重量、発送元から発送先までの距離などを加味して計算されます。基本的には、比較的小さなものはヤマト運輸の宅急便やヤマト便で発送し、大きなものは西濃運輸で発送します。(物量が多い場合は上記以外の業者になる場合もございます。ご了承ください。)

個人宛の場合の送料の注意事項

3辺の合計が200cmを超えるないしは最大の1辺の長さが170cmを超える部材がある場合に、個人宅への配送はかなりの費用が掛かります(通常20,000円~)。法人はこの限りではありません。
配送先近くの、配送会社の営業所留めでの直接引取りであれば、個人宛でも法人宛と近い金額での配送が可能ですので、加工依頼の際に、備考欄でご相談ください。

梱包費について

梱包費の計算は、板枚数が1枚以下の場合は一律で1,000円、それ以降1枚増えるごとに500円が加算されます。
例:5枚の場合、(最初の1枚×1,000円) + (残りの4枚×500円) = 3,000円
梱包費には、梱包資材の費用と作業費が含まれています。

引取り

場合によっては加工拠点での直接の引き取りも可能な場合があります。加工依頼の際の備考欄でご相談ください。

支払いについて

EMARFでは、基本的には前払い・銀行振り込みでのお支払いをお願いしております(恐縮ですが振込手数料に関してはご負担頂けますようお願いいたします)。
振込先の詳細については、先んじてご連絡する見積書の中に記載しております。
なお、諸般の都合により、ご入金が出荷・納品より後になる場合であっても、対応は可能ですのでその際は備考欄などでご相談ください。

加工拠点について

EMARFでは、EMARFの運営母体であるVUILD株式会社だけでなく、その他に加工を委託している加工拠点が全国に複数あります。
現状、基本的には拠点を指定をして頂くことはできませんが、お届け先の地域になるべく近いところで加工をしたいなどといったご要望がありましたら、可能な範囲で対応させて頂きます。なお、今後のサービスの開発ロードマップでは、ユーザー側で自由に加工拠点を選べるようにEMARFのサービスを改善していく計画です(時期未定)。

納品方法

梱包について

EMARFで加工された部材は、気泡緩衝材(エアキャップ)と巻き段ボールで2重に梱包した上でお届けします。 配送業者はヤマト運輸または西濃運輸でお届けいたします。
なお、最大の部材の3辺の合計が200cmを超える、ないしは1辺の長さが170cmを超える大きな部材が含まれる場合、個人宅への配送は送料が割高になるのでご注意ください(20,000円~)。事務所や現場などであれば法人宅扱いとなるので問題ありません。
また、上記のような大きな部材で個人宅へのお届けの場合でも、配送業者様の最寄りの支店留めでのお届け(引取りに伺って頂く必要があります)の場合は、送料は法人宅の場合と変わりませんので、ご希望の際は備考に追記ください。
板付きのままをご希望など、梱包に関してご要望がございましたら遠慮なく加工依頼時にお申し付けください。
加工拠点での直接の受け取りについては、拠点によっては対応可能ですので、ご希望の際はご相談ください。
配送業者はヤマト運輸または西濃運輸でお届けいたします。 (物量が多い場合は上記以外の業者になる場合もございます。ご了承ください。)

納期

加工のスケジュールや加工内容・物量などによって変動しますが、板4-5枚程度であれば、およそ1-2週間で通常は納品可能です。
10枚を超えるような量が多い場合は、2週間以上かかる場合もあるので、あらかじめご相談ください。

精度・品質について

EMARFでは、加工時の仕上がり品質について下記の通り基準を設定しています。
・設計データから±1mm程度の加工誤差が生じることがあります。そのため、ほぞ・あられ組み・相欠きなどの木組みの接合部を設計される場合は、加工後にお手元でやすりなどで調整する可能性を考慮しておくことをお勧めします。
・合板のポケット加工の場合、積層の位置によって設計より1-2mm深くなる場合があります。
・湿気による木材の膨れ、反りが生じる可能性があります。
・乾燥による収縮、反りが起きることがあります。
・木材には個体差があり、データのレイアウトや形状によって節、われ、ヒビが表面に出る可能性があります。
・同じ材種でも、加工拠点によって色味・節などの個体差がある場合があります。
・配送中の扱い方によっては、表面に軽微な傷がつく可能性があります。

仕上げの詳細について

①オプションなし

ShopBotでの切削直後は、画像のようにバリが発生します。
また、合板に関しては画像のような印字がついている場合がありますが、こちらもそのままの状態となります(表面をやすると落とすことができます)。
特にオプションを選ばなかった場合は、板から部材を切り離した後、この状態のままお届けさせて頂きます。
機械の状態やその日の天候などの状況によって、バリの程度には差が出ますが、画像のサンプルより大きなバリが発生した場合には、同程度までバリを落とします。

オプションなしの場合(ヒノキ合板)

合板の印字

②バリ取り

こちらのオプションを選択して頂くと、有償でバリを落とす仕上げをさせて頂きます。また、合板の場合は印字についてもその部分だけサンダーで落とす作業も実施します(インクが浸透している場合は落とせない場合もあります)。材厚が大きく変わらない範囲で印字を落とします。
バリ取り後の例(ヒノキ合板)
印字・マークを取った後

③バリ取り+表面研磨

こちらのオプションを選択して頂くと、②バリ取りの仕上げに加えて、すべての部材の表面全体をサンダーで研磨処理したうえで、お届けをさせて頂きます。
合板などは材料の性質上、そのままでは表面がガサガサとしています。サンダーによる研磨を実施することでだれが触っても安全な、さらさらとした仕上がりになります。‌
金額については、基本的には本体の加工時間に比例して増加するようになっています。
表面研磨後の例
最終更新 3mo ago